正中線

正中線【妊娠・産後にお腹にできる縦線黒ずみ】って何?ケア方法は?

 

正中線とは、お腹の中心に縦に1本入る線のことをいいます。
もともとは受精後の細胞分裂の名残で、濃い薄いはあるものの、どんな人でもそれぞれ正中線を持っています

 

ただ、女性の妊娠中には、メラニン分泌が多くなることによって、正中線がより濃く目立つようになり、気になってしまう方が多いようです。

 

正中線と妊娠線の違い

正中線とは、妊娠した時にお腹の真ん中にできる縦線のことです。
中には妊娠線と正中線が同じだと思っている方もいますが、実は違うのです。

 

お腹の皮膚が伸びる事により妊娠線はできる!

 

妊娠する事によりお腹や太ももの皮膚は、少しずつ伸びていきます。
急激に体重増加する事で皮膚の伸びるスピードが追いつかなくなり、真皮層が断裂して妊娠線ができます

 

妊娠線の部分は少し凹凸のようになりますし、人によっては発赤や痒みの出てくる人もいます。
1度妊娠線が出来てしまったら目立たなくする事は出来ても、消すことはできないのです。

 

メラニン色素蓄積により正中線は目立つ

実はお腹の真ん中にできる縦線は男女関係なく、元々あったものなのです。
鼻の下の線のように、正中線は胎児の時細胞分裂し結合した名残で、妊娠した事により目で確認できるようになったのです。

 

正中線が目立つ理由は、妊娠する事でホルモンのバランスが崩れる事により、体の中にメラニン色素が蓄積されるからです。
メラニン色素が蓄積されると、乳輪が黒くなったり顔にシミが増える方もいます。

 

メラニン色素は女性ホルモンと念密な関係がある

 

女性は紫外線以外に、ホルモンのバランスの乱れによりメラニン色素を生成します。
女性にはとても大切なホルモンが2つあります。
それはエストロゲン(卵胞ホルモン)と、プロゲステロン(黄体ホルモン)です。

 

このホルモンは生理や妊娠に関係しているホルモンで、この2つのうちメラニン色素に深く関係しているのが、「プロゲステロン」です。

 

メラノサイトをプロゲステロンが刺激

プロゲステロンが生産される場所は、卵巣・副腎、脳下垂体です。
プロゲステロンは基礎体温を高めたり、受精卵の着床を促します。

 

着床後は乳腺に刺激を送り、女性が出産後に授乳する手助けをしています。
メラノサイトと言う色素細胞に刺激を与え、メラニン色素は作られています。

 

多くのプロゲステロンが分泌されるためメラニン色素も過剰になり、正中線も目立つようになります。

 

妊娠後期にプロゲステロンの分泌量が1番多い!

通常女性は、排卵の後徐々にプロゲステロンの分泌量が減ってきます。
妊娠した場合は、プロゲステロンの分泌が続くのです。
妊娠4ヶ月頃には胎盤からも分泌され、妊娠8〜9カ月になると分泌量が1番多くなります。

 

プロゲステロンは、赤ちゃんを産んだと同時に低下していきます。

 

正中線が急に目立つようになってきたのに、赤ちゃんを産んだ後気付かない間になくなっていると感じる方が多い理由は、ホルモンの分泌量が増えたり減ったりするからです。

 

正中線は絶対出てくるの?

人それぞれホルモンの状態が違うため、中には正中線が出てきてもあまり分からない人もいます。
しかし、たくさんの人に正中線が出てくる事に違いはありません。

 

「絶対に正中線は出さない!」という事は、難しいのです。
その為、出産後ホルモンが減少してからのケアが大切になります。

 

正中線が出来にくい人はいるの?

 

正中線は、妊娠する事により約70%の方が現れます。
「妊娠したらできるもの!」と昔から言われていますが、中には正中線ができない方もいます。

 

夏でもあまり日焼けしない人

暑い夏などに外で紫外線を浴びても日焼けすることなく、顔が赤くなるのみで放っておくと自然と元の肌に戻っている人がいます。

 

このような方は、メラニン色素が生成されにくい体質の為、メラノサイトが刺激されても正中線が出きにくいのです。

 

お肌の新陳代謝が優れている人

妊娠前からしっかりと肌のお手入れをし、運動や食生活・生活習慣が規則正しい方は、お肌の新陳代謝率が高いです。
新陳代謝が良いと、メラニン色素の排出が早く、体の中に沈着しにくいのです。

 

これらの事から、妊娠前の運動や食生活・生活習慣・体質で正中線が出来るか出来ないかを左右する事もあります。

 

妊娠前から正中線を予防しよう!

 

これまで、正中線について紹介しましたが、妊娠前から正中線を予防する事も大事になってきます。

 

予防のために心がけたいこと3つ

 

1、ビタミンCなどバランスのよい栄養摂取をする

メラニン色素生成や色素沈着を防ぐ物として効果があるのは、ビタミンCです。
また、ビタミンCはコラーゲンを作りお肌の調子を保つ効果もあります。

 

ビタミンCを多く取り入れる為には、食後に果物を摂取したりしましょう。
食からの栄養補給が難しいのであれば、サプリンメントを服用しても良いですよ。
ビタミンCに限らず野菜中心の食事にして、あまり脂分や糖質が多くならないような食事を心がけることも大事です。

 

2、ストレス発散をする

産後ママは赤ちゃんのお世話をする事で、気付かないうちにストレスが溜ります。
1人の時間を作るのは難しく、ストレスを発散できる時間もなかなか作れなくなります。

 

人間はストレスが溜まる事で、MSH(メラニン細胞刺激ホルモン)が増加してしまいます
その為妊娠前から、少しでもストレス発散ができる方法を見つけておくと良いですよ。

 

3、生活環境・リズムを整える

生活環境や生活リズムを規則正しく整えましょう。
睡眠に対しては良く寝るのではなく取れるときに睡眠をとるといった様に、その時々に合った睡眠の確保を作っていくことが大事です。
日常生活の中では、無理をしない程度に適度な運動・適度な休息をとり、内面を落ち着かせるようにすると良いですよ。

 

今回話してきた正中線の予防法は、正中線だけではなく、自分自身の健康維持にもとても必要なことです。
赤ちゃんにとってママはとても大切な存在です。
赤ちゃんを育てこれから育てていくためにも、ママ自身の健康管理に気をはらっていきましょう。

 

濃くなった正中線はどうすれば消える?


正中線は、妊娠によるホルモンバランスの変化が原因でメラニンの過剰分泌が多くなり濃くなってしまうので、出産後、ホルモンバランスが元に戻れば自然に薄くなっていくようです。

 

ただ、出産後もなかなか正中線が消えない人もいますので、早く消したいという人は、過剰になっているメラニンを体内から排出する必要があります。
最近では食生活や生活環境の乱れやストレスにより正中線が消えにくいという人も多いようです。
さらには年齢と共に新陳代謝が衰え、元の状態に戻りにくくなってしまいます。

 

メラニンを早く排出する方法としては、新陳代謝を促すことと、美白成分を摂取してメラニンの生成を抑制することが効果的といえます。

 

正中線を消すための2つの方法

@正中線を消すレーザー治療

正中線をなくす最終手段として、レーザー治療があります。
「YAG(ヤグ)レーザー」と言い、1年以上経過しても正中線が薄くならない方のために行う医療行為です。
正中線の黒くなった所をなくす為の、レーザー治療です。

 

この治療法には2つの波長を使い分けながら照射し、正中線をなくしていきます。
1つ目は、皮膚の真皮(深部)まで届く1064nmの波長。
それから正中線ができる原因のメラニン色素を破壊する事が可能な半波長の532nmを使用します。

 

2つ目は、皮膚の深部(真皮)に届く1064nmの波長。
それから正中線の原因となるメラニン色素を破壊できる半波長の532nmを使用します。

 

金額は1cu 3万円〜となり、正中線の長さや大きさによって金額が変わってきます。
自由診療となる為、保険は適応されません。
1回の治療にかかる時間は5〜20分で、月に1回のペースで4〜6回治療する形になります。

 

レーザー照射した後はかさぶたになります。
かさぶたが取れた後は、皮膚も薄く敏感になっているので日焼けには注意しましょう。
日焼けをしてしまうと、紫外線を浴びる事でメラニン色素が出て炎症性色素沈着を引き起こしてしまうので気を付けましょう。

 

A正中線を消す美白クリーム

レーザーは怖いしお金もかかる、と悩んでいる人は美白クリームでのケアがおすすめです。
美白成分と美容成分がたっぷり配合されたボディケアクリームを使いましょう。
ただ美白クリームは刺激が強いものが多いので特に産後は低刺激のものがいいです。

 

メラニンの生成による肌トラブルは、正中線だけでなく、他の部分のシミやくすみなども当てはまります。
なかなか正中線が消えない…という方は、他の肌トラブルも抱えている可能性が高いです。

 

なので、必要なのは美容と健康に必要なケア、生活習慣を整えることも大事ですね。
産後もきれいなお肌でいるためにも、食生活や生活リズムを見直して、正中線ケアには香りや値段で自分の好みに合った使いやすいクリームを見つけてみてくださいね。

 

 

現在では正中線専用のクリームを販売されているので試してみてもいいかもしれません。
私も実際に使って見ましたが中々消えなかった正中線がすぐに薄くなり即効性を感じました^^

 

私のメイドバイマムクリームを実際に検証した詳しいレポはこちら