メイドバイマムクリームの成分!正中線のケア成分を徹底解析!

 

メイドバイマムクリームには妊娠中でも安心して黒ずみをケアし、メラニンの生成を抑制するトラネキサム酸と、お肌のあれを防止して整えるグリチルリチンさんの二つの薬用成分が含まれています。

 

メイドバイマムクリーム開発者も惚れ込むトラネキサム酸って?

 

トラネキサム酸はアミノ酸の一種です。
炎症をおさえて止血する効果があり、元々はアレルギー治療などの医療用に用いられていましたが、肝斑の改善効果が認められて以降はシミそばかす治療や美白化粧品にも用いられるようになりました。
シミができる初期段階からメラニンの活性化をブロックししてシミを予防・改善してくれます。

 

肝斑とは、30代以降の女性が多く悩まされているシミで、一度できると治りにくいものです。
肝斑はホルモンバランスが崩れることによってでき、放っておくとお肌が刺激されることでどんどん広がっていく可能性もあります。
まだまだ解明されていないことも多く、レーザー治療でも逆に濃くなってしまったという報告もあります。
効果が認められているトラネキサム酸で早めのケアが大切です。

 

メラニンの生成を抑制する天然由来の成分も配合

 

メイドバイマムクリームでは天然由来で安心な植物成分によるメラニン抑制効果も期待できます。
それぞれどのような効果があるか気になって調べてみました。

 

サクラ葉抽出液


メラニンの生成を抑えて保湿・抗炎症・美白・肌荒れをふさぐ作用があります。

 

カモミラエキス


とても肌に優しく、保湿・抗炎症・血行促進効果があります。
新陳代謝を高め、メラニンを排出してくれます。

 

ダイズエキス


保湿・抗炎症、肌荒れ防止・日焼け防止・美白・にきび予防・アンチエイジングに効果があります。
ムダ毛抑制の効果もあり、お肌ケア以外にも気になるムダ毛ケアに有効です。

 

オウゴンエキス


美白・抗炎症効果があります。特にストレスによるお肌の老化を防ぐ効果も認められており、ストレスが原因のひとつと考える肝斑などのシミに効果があります。

 

さらに8種類もの保湿成分でしっかりとお肌をケア

 

 

メイドバイマムクリームには保湿成分が8種類も配合されています。
特にシロキクラゲ多糖体は認知の高いヒアルロン酸をしのぐ高保湿力です。
まずしっかりと保湿してお肌を整えることが黒ずみケアには大切なのでこんなに沢山の保湿成分があるのは心強いです。

 

メイドバイマムクリームの全成分は?体に悪いものはないの?

 

メイドバイマムクリームはビニール包装で箱のパッケージがないのでパッケージに書かれる全成分を確認しにくいです。

 

公式サイトにも書かれてありますがこちらが全成分表になります。

 

【有効成分】トラネキサム酸 グリチルリチン酸ジカリウム 【その他の成分】ヒアルロン酸ナトリウム(2)、シロキクラゲ多糖体、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ローズ水、乳酸ナトリウム液、サクラ葉抽出液、オウゴンエキス、カモミラエキス(1)、ダイズエキス、メチルフェニルポリシロキサン、1,3−ブチレングリコール、ポリアクリル酸アミド、1,2−ペンタンジオール、軽質流動イソパラフィン、グリセリンモノ2−エチルヘキシルエーテル、グリセリン脂肪酸エステル、グリセリン、ポリオキシエチレンラウリルエーテル(7E.O.)、1,2−ヘキサンジオール、エデト酸二ナトリウム、フェノキシエタノール、精製水

 

また、メイドバイマムクリームは厚生労働省認可の医薬部外品化粧品合成香料・着色料・鉱物油・アルコール・パラベン完全フリーの無添加になっていますので敏感肌の人や妊娠中授乳中で安全性が気になる人も安心して使えます。

 

 

関連記事

私のメイドバイマムクリームの効果口コミレポはこちら